プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

木下あおい(以下、当方)は、個人情報を適切に保護管理することを当方の社会的責務であると認識し、以下のとおり個人情報の取り扱いについて基本方針を定め、個人情報保護により一層努めてまいります。

また、個人情報保護に関する当方の基本姿勢とその取り扱い基準を明確化した「コンプライアンス・プログラム」を策定し、当方に対する信頼に応えてまいります。

  • コンプライアンス・プログラムを策定・遵守し、個人情報を厳正な管理の下に保護します。
  • 個人情報は当方の事業活動に必要な範囲内に限定の上適切に収集、利用、提供いたします。
  • 収集した個人情報は、ご本人の同意を得た範囲のみで使用します。
  • 収集した個人情報は、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の防止並びに是正を行ない、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管し、必要な是正措置を講じます。
  • 個人情報保護に関する法令及びその他の規範についても遵守します。

当方の個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムは、継続的に見直し、改善を行います。

当方では、次の業務において、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を利用致します。

業務内容

  • 当方がプロモーション業務の委託を受ける商品、サービスに関するプロモーション
  • 当方がマネジメント契約を締結した人物に関する肖像権の管理、プロモーション、広報業務等
  • その他、当方が委託を受ける業務内容全体におけるコンサルティング業務、コンテンツのプロデュースおよび委託元と協議の上定める業務

利用目的

  • 当方業務に関する契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
  • 当方業務の適切かつ円滑な遂行のため
  • 他の事業者等から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合等において、委託された当該業務の適切かつ円滑な遂行のため
  • 市場調査並びにデータ分析やアンケートの実施等による商品やサービスの研究・開発のため
  • 当方が主催、共催、参加するセミナー・講演会・展示会等の運営・管理のため
  • ダイレクトメールの発送等による、当方商品やサービス等に関する各種ご提案のため
  • お取引に伴う業務上の連絡や挨拶状の送付等、お客さまとのお取引の適切かつ円滑な遂行のため
  • 情報システムの利用や施設への入退管理等、当方のセキュリティ確保のため
  • 報道関係者、投資家、アナリスト向けの講演会や説明会のご案内及び各種ご連絡のため
  • 当方の採用選考の実施のため
  • 従業者の雇用管理のため
  • お客さまからのお問合せやご意見等に関する対応(調査等も含みます)のため
  • 上記以外に、個別に利用目的を明示した場合においては、その利用目的の達成のため

個人情報のご提供をいただく場合・個人情報を利用する場合

お客様から個人情報をご提供いただく場合には、あらかじめその利用目的を明示させていただき、目的以外での利用はいたしません。
お客様から個人情報をご提供いただく際に明示した目的の範囲を超えてお客様の個人情報を利用する必要が生じた場合には、事前にお客様にその目的をご連絡いたします。新たな目的にご同意いただけない場合には、お客様ご自身の判断により、その利用を拒否することができます。

個人情報の第三者への開示・提供について

お客様からご提供いただきました個人情報は、下記の場合を除いて基本的に第三者に開示または提供いたしません。
  • お客様の同意承諾を得た場合。
  • 生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を得ることが困難な場合。
  • 商品・サービスの代金支払においてクレジットカード決済などで金融機関に必要な情報を提示する場合。
  • 法的な命令等により個人情報の開示が求められた場合。

個人情報の委託について

当方では、利用目的の達成に必要な範囲内において、他の事業者へ個人情報を委託することがございます。その場合は、個人情報保護体制が整備された委託先を選定するとともに、個人情報保護に関する契約を締結いたします。

個人情報の開示や訂正について

お客様がご自身の個人情報に関する開示、訂正等を希望される場合には、合理的な範囲で速やかに対応いたします。お問い合わせや訂正につきましては、当方お問合せ窓口までご連絡ください。

当方の運営するウェブサイトについて

  • <クッキーの使用>
    クッキーは、インターネットの効果的な運用のために、ウェブサーバーがお客様のブラウザに送信する小規模の情報ですが、当方は、お客様個々のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズしたり、ウェブサイトの内容やご提供するサービスをお客様がよりご満足いただけるよう改良したりする為、クッキーを使用することがあります。
    お客様は、ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったとき警告を表示させたりできます。しかしながら、その場合はパーソナライズ機能などが使えないなどの制約が生じることがあります。
  • 当方の運営するウェブサイトにリンクされている他のウェブサイトにおけるお客様の個人情報の安全確保については、当方が責任を負うことはできません。

その他の事項

  • 個人情報を当方に提供することを希望されない場合、お客様はご自身の判断により、個人情報を提供しないことが可能です。ただし、サービスの提供に個人情報が不可欠な場合は当該サービスの提供が出来ない場合もあります。
  • 当方では、より良い個人情報の保護のため、または法令の変化に伴い、本方針および社内規定を改定することがあります。

    情報資産は、当方にとって最も重要な財産である。当方の管理する情報資産を、その周囲をとりまく脅威から確実に保護するためには、十分でバランスのよい情報セキュリティ管理策を確立する事が必要である。情報資産は、保全・共通化によって更に価値を高める事が出来、事業の継続・維持・発展には欠かせないものである。情報セキュリティ管理策を構築、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善を前向きに行う事により社内組織の連帯感が強まり、しかも個人情報保護法を始めとする企業を取り巻く法令等を遵守する事により対外的にも強い信頼をうける事が出来る。情報セキュリティの管理を継続する事により当方の総合力が対外的に、より一層競争力を高める事を目的とする。

    • 情報セキュリティ対策を実施することにより、お客さまから当方に対する安心と信頼の向上をより高める。
    • 協力会社に対しても当方の基本方針、姿勢の認知、理解を図り、協力をもってより安全な情報セキュリティの向上を高める。
    • 全社員、及び当方協力会社に対して教育、訓練、及び説明会を設け啓蒙活動を実施し情報セキュリティの向上を図る。
  • 日常業務上において、お客さまからお預かりしている情報資産に対して、現在プレゼン中、制作の進行中のもの(未公開の情報資産)の情報資産価値の重要さ及びそれがもし紛失、漏えいした場合会社及び業務上支障がきたす、損害が発生すると言った事態のリスク値の高さを社員ひとり一人が明確に評価、把握し、その未公開情報資産に対する明確な識別できる情報セキュリティの安全管理対策を講じ実施する。
    同時に当方協力会社に対しても当方の情報セキュリティの安全管理対策を講じ実施し、協力をもって業務にあたる。
  • 日常業務上において必要とされる改善点などが発生した場合は、その対応策、ルールを記載した業務管理規程を作成し実施にあたる。
  • 更に社員及び協力会社の方々に情報セキュリティ、広告業を取り巻く関連する法令・規範・契約事項を遵守すべく教育・啓蒙活動を定期、及び随時に実施する。
平成25年5月26日
木下あおい